保冷処置について

トップ >> ペット火葬について >> 保冷処置について

保冷処置の施し方


@お体を整える

ペットちゃんが亡くなってしまったら、まずは手足を寄せて背中が少し丸まるようにしてあげてください。死後硬直が始まっていたら無理にしていただかなくても大丈夫です。

お体を冷やす部分

Aお体を冷やす

保冷剤・ドライアイスや、ビニールに氷をいれていただいたもので、丸印の部分を集中的に冷やしていただきます。

外気との遮断

B外気との遮断

バスタオルなどで上からかけて冷やした部分をできるだけ外気と遮断してください。

Cご安置場所

お体が外気と接することを少なくするために室内にご安置してあげてください。風通しの良い場所、室外などでのご安置は体内の腐敗が早く進みます。また、扇風機やエアコンの風もあてないようにしてください。

D交換

ドライアイス・保冷剤・氷はこまめに交換してあげてください。
ドライアイスは24時間毎、保冷剤は6時間毎、氷は3時間毎を目安に交換してください。

!注意事項!

保冷処置を施しても、鼻・口などから血液や体液などが出てきてしまう場合があります。その時には素手では触れずにティッシュでふき取ってあげてください。